神前式の気になる点 | 日本人なら挙式はやっぱり神前式がオススメとなっています。

神前式の気になる点

woodens house

好みにアレンジできる

教会式での挙式が一般的になっている現代で、伝統的な神前式を選ぶとなると不安も沢山ありますよね。
まず、教会式の挙式などに比べて神前式は作法や決まりが沢山あります。もちろん事前に調べておくのが一番ですが、二礼二拍手一礼さえ覚えて、畳の渕さえ踏まないようにすれば大丈夫!
式中は基本的に巫女や介添えなどがしっかりフォローしてくれるので安心です。
中には事前に神前式のセミナーを行っている神社もあるので、参加してみるのも良いかもしれません。神前式の儀式には一つ一つちゃんとした意味があるので、意味を理解して行う神前式はより意義のあるものになりますよ。
「白無垢は着たいけど指輪の交換もしたいしせっかくの式だから大好きな友人を沢山呼びたい!」なんて人も安心して下さい!
伝統的な挙式ということで決まりごとの多いイメージのある神前式ですが、最近では自分達にあったアレンジを加えることもできるんです。
本来は一連の儀式にはないんですが、申し出ればちゃんとマチッジリングの交換もできますよ。それに、基本的に両家の親族のみで執り行われるとされてきた神前式ですが、親族以外も参列できるんです!神前式でも、ちゃんと大切な友人達に祝福してもらえますよ。
また、神前式ならではのあの大きな文金島田のカツラ、和風でとても素敵ですが、着脱も大変そうだし何より重そうですよね。でもこれも強制ではないので、無理に被る必要はありません。地毛でも洋髪でも大丈夫なんです。
挙式は神前式で、披露宴はドレスで洋風に…なんてことも可能なので、どちらも選べない!という方にはおすすめですよ。